HOME > NEWS

NEWS

2023.2.05
贈り物に。ちょっと贅沢で特別なお酒をご紹介!寺田本家、豊永蔵より新規入荷!【うさとら通信】


引き続き、2月22日(水・祝前)「オガタマ酒造」をお招きしてのイベントのご予約受付中です!
毎回、当日ご来場のお客様にお席のご案内ができないことが多々あったため、今回は完全事前予約制とさせていただきました。お手数ですが、ご予約サイトよりお手続きをお願いいたします。

昔ながらの伝統的な製法にこだわった焼酎造りを続けつつ、「古き良き」商品を今の時代にあった製品として蘇らせることをテーマにされているオガタマ酒造さんは、うさとらオリジナル芋焼酎「ユアマイスイートポテト(ユアポテ)」の生みの親でもあります。

今回は、全国にファンを持つオガタマ酒造の人気銘柄から希少銘柄まで、バリエーション豊かなラインナップと、もちろんユアポテも堪能いただけます。蔵お勧めの美味しい飲み方や天才ブレンダー、草道氏によるユアポテ誕生秘話も聞けるかも!?

ぜひ当日は美味しいお酒&肴に舌鼓を打ちながら蔵人との会話もお楽しみください。

「ユアポテ誕生蔵:オガタマ酒造の薩摩芋焼酎を味わう」
日程:2023年2月22日(火)
@ 兎と寅(港区西麻布2-25-11 1F tel:03-6427-7725)
時間:19:00〜21:00
会費:5500円(税込)*現金またはPAYPAYのみ
ご予約はこちらから → https://onl.bz/XkgaQuB

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】果報は寝て待て。幸多き一年になりますようにと、月見る兎が願いを込めます。贈り物にぴったりなお値段とサイズ。
焼酎は、芋の香りが優しく、まろやかで甘みと深い味わいがありながらすっきりとした仕上がり。
飲み飽きせず、食事の邪魔をしない理想の食中酒として毎晩愛飲いただけます。

うさとらオリジナル芋焼酎
『月兎(つきうさぎ)BUNNY MOON』
https://usatora.tokyo/1012906417/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】熊本県豊永酒造の春限定焼酎。味わいは新たにウィスキー酵母を使用。
種麹は黒白ミックス麹を使用することで、非常に濃厚で特徴のある香りと味わいが楽しめます。マニアックなお客様に大変人気の銘柄です。

豊永酒造『超にごリゆ乃鶴 25度』
https://usatora.tokyo/1010301093-2/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】天然の乳酸菌や酵母菌を取り込んで造る、鎌倉室町時代の醸造法「菩提もと(ぼだいもと)」仕込みを再現した、軽やかな微発泡タイプのお酒。

麹の甘さと、乳酸菌の心地良い酸味に、さらにシュワシュワと微発泡する口当たり。
先人が編み出した“菩提もと造り”の面白さと美味しさを、自然発酵の魅力とともにお楽しみください。

寺田本家『醍醐の泡』
https://usatora.tokyo/2020101043/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】シャルドネとクレレット・ブランシュがまさに「名コンビ」となったペティアンで、フローラル&フルーティなアロマがグラスから溢れるほど豊かで、果実味たっぷりのとても心地のよい味わい。

『ヴァン・ド・フランス・レ・ペティアント・ブラン』
https://usatora.tokyo/5044102409/

2023.1.22
バレンタインに贈りたい&チョコレートに合う想いのこもったお酒をセレクト


1/21の「ダコタの宮崎ジビエとうさとらの酒と」たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございました!

そして次のイベントのアナウンスです。
2/22(水・祝前)宮崎・すき酒造、奄美・富田酒造場に続き、鹿児島県・薩摩川内市にて焼酎造りを営む「オガタマ酒造」をお招きしての薩摩芋焼酎を味わう会が決定しました!

うさとらオリジナル芋焼酎「ユアマイスイートポテト(ユアポテ)」の生みの親でもあるオガタマ酒造さん。昔ながらの伝統的な製法にこだわった焼酎造りを続けつつ、「古き良き」商品を今の時代にあった製品として蘇らせることをテーマにされている蔵らしいラインナップをお届けします。

詳細は近日中にSNS等で発表いたします。
この機会にぜひインスタグラムをフォローいただければ嬉しいです。
https://www.instagram.com/usatora_rabbit_tiger

今回は、バレンタインデーにチョコレートと一緒に渡していただきたいお酒をチョイス!それぞれが蔵元さんの想いのこもったプレミアム。

ブランデー代わりに焼酎を使った手作りスイーツを渡すのも乙ですね。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】YOU ARE MY SWEET XXXX
バレンタインに心を込めて贈っていただきたい芋焼酎紅はるか芋の甘くフルーティーな香りにバランス良く調和の取れる様、シェリー樽で貯蔵した琥珀色の焼酎をブレンド。

洋酒のような樽の香りが先に立ち、口に含むと軽快で甘くすっきりとした印象。
芳醇でスモーキーな余韻も味わえる様仕上げてあります。

『ユアマイスイートポテト You're my Sweet Potato』
https://usatora.tokyo/1012901203/
個性的な限定ボトルでインパクトを
https://usatora.tokyo/1012901393/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】コーヒー好き、チョコレート好き、そしてお酒好きな方へ。厳選された素材で作られた麦焼酎xコーヒーリキュール

「カトラッチャ珈琲焙煎所」が完熟手摘みのホンジュラス産最高品質のコーヒー豆を焙煎、筑前町の完全無添加、有機栽培の「さとうきび釜焚き黒蜜」に本格麦焼酎専業「天盃」の蒸溜技術が掛け合わされた、本格的なリキュール。

天盃『COFFEE SPECIALITE(コーヒースペシャリテ)』
https://usatora.tokyo/10013315240-3/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】やさしい香り、奥深い味わいの本格芋焼酎「?ないな」の限定原酒。シックなボックスに入って。
契約農家で栽培した黄金千貫と減農薬の米を使用し、えびの高原の原生林を伏流する良質清冽な地下水で仕込んであります。

繊細で芳ばしい芋の香がほんのり立ち、米のすっきりした甘さがあとを追いかけてくる。しっかりとした芋の旨味、甘味を感じることのできる焼酎。

明石酒造『?ないな原酒 2021』
https://usatora.tokyo/1011101247-2/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】チョコレートに合う樽貯蔵のプレミアム黒糖焼酎。
アメリカンオークで4~5年熟成期間を経た2本の原酒にフレッシュな原酒を仕継ぎ。
この2本の原酒をベースに、来年『らんかん』となる龍宮原酒とブランデー樽で熟成させた度数の低い芳ばしく個性的な原酒をアクセントで加えました。

黒糖と米麹による黒蜜香、樽由来甘い香り、ほのかに香る華やかな柑橘香。その中で芳ばしさも感じられる飲み応え。

富田酒造場『琥珀龍宮38%』
https://usatora.tokyo/1013001214-2/

2023.1.15
1/21(土)ダコタの宮崎ジビエとうさとらの酒と @ 工藝 器と道具 SML

1/12(木)の『うさとら新年会・奄美・富田酒造場の黒糖焼酎を味わう』へたくさんの方にお越しいただきおかげさまで満員御礼となりました。改めまして、ご来場のお客様へ感謝申し上げます。

一人一人にしっかりと説明をしながら時間いっぱいお酒を注いでいた富田さん。実直なお人柄が大変伝わりました。
お湯割りではなく、「蔵和水12%」を熱燗でいただくという新しい体験、そしてこの日だけしか味わえない試験醸造酒も楽しんでいただけたようでしたら幸いです。

ということで、今回は富田さんの黒糖焼酎をご紹介!ぜひこの機会にお試しください。

うさとらでは今後も蔵元さんとのイベントを開催していきますので、ぜひご参加くださいませ。

今週末は、中目黒SMLに出張となります。
また、1/20-21 福岡の刺繍作家、二宮佐和子さんのワークショップも開催。ご希望者にはお酒もご提供していますのでリラックスしてご参加いただけます。(別途料金)


「ダコタの宮崎ジビエとうさとらの酒と」
場所: 工藝 器と道具 SML (目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F)
https://sm-l.jp
日時: 1/21 土曜日 14:00-20:00(LO:19:30)
http://kontacto.jp/post-6038/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

SAWAKO NINOMIYA EMBROIDERY WORKSHOP
“推ししゅうワークショップ”
2023年1月20日(金)*17:00-
2023年1月21日(土)& 22(日) *11:00- *15:00-
講師:二宮佐和子
所要時間:2時間程度 から
詳細・お申し込み→ http://kontacto.jp/post-5865/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】オンザロック、水割り、お湯割り、炭酸割りで楽しめ、梅酒作りのベースにも最適。飲みあきしない黒糖焼酎。
ラベルには「幸運健康円満」「商売大繁昌」などおめでたい言葉も書かれており、お祝いなどにもぴったりのデザインとなっています。

富田酒造場『龍宮 30度』
https://usatora.tokyo/1013005206-3/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】代表銘柄【 龍宮 】を仕込み水で12度に和水調整。
奄美では水割り、お湯割りで親しまれてる龍宮。冷して・お燗でお楽しみ下さい。
仕込み水で馴染ませている為、調和の取れた滑らかな飲み心地。余韻の最後にフワッと香る黒糖の風味をお楽しみいただけます。

富田酒造場『蔵和水 12%』
https://usatora.tokyo/1013001418/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】樽貯蔵ブレンド エッジが効いた深みのある味わい。
アメリカンオークで4~5年熟成期間を経た2本の原酒にフレッシュな原酒を仕継ぎ。この2本の原酒をベースに、来年『らんかん』となる龍宮原酒とブランデー樽で熟成させた度数の低い芳ばしく個性的な原酒をアクセントで加えました。

富田酒造場『琥珀龍宮38% 720ml』
https://usatora.tokyo/1013001214-2/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】富田酒造の看板商品「龍宮」の無濾過原酒を二年貯蔵。年に一度だけ、それも極少量出荷される激レア黒糖焼酎。
原酒らしい力強く豊かな風味と味わいで、黒糖菓子を口にしたような印象から余韻はオイリー且つスパイシー。

少し水を加えると香ばしく甕由来のミネラル、滋味深い味わい。開栓後も時間の経過と共に深まる香味変化をお楽しみいただけます。

富田酒造場『黒麹造り 龍宮 らんかん 44%』
https://usatora.tokyo/1013005224-2/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

* 口に含むとトロリとした黒糖の濃厚な旨みが広がり。「龍宮(りゅうぐう)」の原酒
富田酒造場『龍宮 かめ仕込40%』
https://usatora.tokyo/1013005215-2/


* トロ-と上品な旨味 ストレートがオススメの黒糖焼酎
富田酒造場『まーらん舟 33%』
https://usatora.tokyo/1013005210-2/


* 冷凍庫で冷やすとトロ-とあぶない黒糖焼酎
ストレート・炭酸割りで。
富田酒造場『無濾過まーらん舟原酒 39度 500ml』
https://usatora.tokyo/1013008209-2/


* 柔らかく上品な甘さ 徳之島の黒糖使用 やさしい甘み。オンザロック・水割り・炭酸割りで。
富田酒造場『まーらん舟 25%』
https://usatora.tokyo/1013001213/


* 実は少量だけうさとらに在庫あり。幻ともなり得る、富田酒造場 新たな試み。
『The first. まーらん舟 朧 33%』
https://usatora.tokyo/1013001282-2/

2023.1.08
<受付中!>1月12日(木)「うさとら新年会・奄美・富田酒造場の黒糖焼酎を味わう」


年末年始、美味しいお酒とお料理で過ごされたでしょうか。いよいよ来週、1/12(木)は、奄美冨田酒造場さんをお迎えしての、うさとら新年会スペシャルイベントの開催です。

この日だけしか味わえない「秘蔵酒」+「試験醸造酒」もお持ちいただけるとのことですので、ぜひご期待を。

一斉スタートではありませんので、時間内いつでもお気軽にご来場いただけます。

お申し込みはまだ受け付けておりますので、せっかくのこの機会、ご興味ある方はぜひお越しください!

新年のご挨拶ができましたら幸いです。
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
2023年1月12日(木)、鹿児島奄美にて年400石ほどを生産する、最も小さな奄美黒糖焼酎の蔵「富田酒造場」より、杜氏の富田真行さんをお迎えして黒糖焼酎の魅力に触れる会を開きます。

富田酒造場は『龍宮』『らんかん』『まーらん舟』『琥珀』等、日本全国に絶大なるファンを持つ数々の銘柄を生み出しており、小さな蔵といえどもその存在感は偉大。

当日は1月に相応しい富田酒造場の銘柄を、富田さんおすすめの飲み方でご提供。奄美の食材で作るお料理もご用意します。

詳しいお話は、ぜひ杜氏の富田さんから直接伺うのが一番です!
お酒だけでなく造り手の人柄にもぜひ触れてください。

皆様のご参加をお待ちしております。

「うさとら新年会・奄美・富田酒造場の黒糖焼酎を味わう」
日程:2023年1月12日(木)
@ 兎と寅(港区西麻布2-25-11 1F tel:03-6427-7725)
時間:18:30 - 20:30
会費:4900円(税込)*現金またはPAYPAYのみ
詳細・お申し込みは→ http://kontacto.jp/post-5959/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】兎と寅オリジナル芋焼酎 第三弾
2023年、ついに兎が主役獲得!
果報は寝て待て。幸多き一年になりますようにと、月見る兎が願いを込めます。焼酎は、芋の香りが優しく、まろやかで甘みと深い味わいがありながらすっきりとした仕上がり。

飲み飽きせず、食事の邪魔をしない理想の食中酒として毎晩愛飲いただけます。

『月兎(つきうさぎ)BUNNY MOON』
https://usatora.tokyo/1012906417/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】残り1本
美しいシャルドネの酸を感じられ、特にアペリティフに適した上質なクレマン。シャルドネ100%。瓶内熟成は24ヶ月。
カシスやフランボワーズのリキュールを少量プラスしてもバランス良く、美味しくいただけます。

『クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット・シャルドネ』
https://usatora.tokyo/5044102410/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】定番スパニッシュオレンジ原酒の別誂。2021BY で最も完成度の高かった 1仕込み分のみをタンク別どりしており、アルコール度数 44度でお届けするスパニッシュオレンジの最高峰。

特徴的なラベルは、日本を代表する芸術家、塚本 猪一郎氏の作品。油彩、版画、立体など、ジャンルを超えた創作活動を続けられています。目も舌も楽しませてくれる麦焼酎です。

天盃『クラフトマン多田スパニッシュオレンジ Limited Edition 44度』
https://usatora.tokyo/1013315399/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】原料に南九州産のさつまいも(黄金千貫)を用い、黒麹仕込み、常圧蒸留仕立て、無濾過製法にて造られた冬の季節に降りつもる雪の様な白さ。

今年は大雪が降った南国宮崎。冬に飲みたい芋焼酎として、凛とした味わいが特徴の芋焼酎をお湯割りでぜひ。

姫泉酒造『白く』
https://usatora.tokyo/1013701311-2/

2023.1.01
2023年卯年うさとらオリジナル芋焼酎『月兎 BUNNY MOON』リリース!

明けましておめでとうございます!
今年は兎が主役の年ですね!
昨年の「酔寅」に続き、兎と寅オリジナル芋焼酎 第三弾『月兎(つきうさぎ)BUNNY MOON』リリースです!
https://usatora.tokyo/1012906417/

古来よりお酒は祝祭や会食など多くの場面で飲まれるなど、生活や文化の一部として親しまれてきました。お酒の周りにはいつも笑顔が溢れていたものです。

お酒を酌み交わすことで、人との絆を深めてくれる大切な役割も果たします。
2023年も笑顔が絶えない、そして祝福の乾杯を交わせる素敵な年になりますように。
これまで以上に兎の耳(と寅の鼻)を利かせて、美味しいお酒を皆さまへお届けします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

初商いは1/6(金)、1/12(木)はうさとら新年会を兼ねたスペシャルイベントを開催。ぜひ新年のご挨拶ができましたら幸いです。

「うさとら新年会・奄美・富田酒造場の黒糖焼酎を味わう」
日程:2023年1月12日(木)
@ 兎と寅(港区西麻布2-25-11 1F tel:03-6427-7725)
時間:18:30 - 20:30
会費:4900円(税込)*現金またはPAYPAYのみ
詳細・お申し込みは→ http://kontacto.jp/post-5959/

鹿児島奄美にて年400石ほどを生産する、最も小さな奄美黒糖焼酎の蔵「富田酒造場」より、杜氏の富田真行さんをお迎えして黒糖焼酎の魅力、そして造り手の人柄にも触れる会を開きます。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】兎と寅オリジナル芋焼酎 第三弾
2023年、ついに兎が主役獲得!
果報は寝て待て。幸多き一年になりますようにと、月見る兎が願いを込めます。

『月兎(つきうさぎ)BUNNY MOON』
https://usatora.tokyo/1012906417/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】黒糖と米麹による黒蜜香、樽由来甘い香り、ほのかに香る華やかな柑橘香。

アメリカンオークで4~5年熟成期間を経た2本の原酒にフレッシュな原酒を仕継ぎ。この2本の原酒をベースに、来年『らんかん』となる龍宮原酒とブランデー樽で熟成させた度数の低い芳ばしく個性的な原酒をアクセントで加えました。

富田酒造場『琥珀龍宮38%』
https://usatora.tokyo/1013001214-2/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】「日本でいちばん海に近い酒蔵」京都府伊根にある創業260年の造り酒屋、向井酒造代表銘柄。

酸味とほのかな苦味、なめらかな口当たりの純米にごり今年の純米生原酒とにごり酒の原料米は"京の輝”を使用。造りの面では麹菌の配合を変えて新たな試みを行いました。

お燗を待つ間の“一杯目”としていかがでしょう。

向井酒造『京の春 純米にごり 生酒原酒』
https://usatora.tokyo/2023901416/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】アルボワの石灰質豊富な土壌から造られるシャルドネは、硬質なミネラルを持ち、繊細な仕上がりで熟成にも耐え得るワインです。

アルボワ特有の粘土質が、他のジュラと一線を画す果実味とミネラル感を生んでいます。ジュラシアン品種の個性を存分に生かしたワインをお楽しみください。

ブルゴーニュの1年樽を使用して18ヶ月熟成させています。

『アルボワ・シャルドネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ』
https://usatora.tokyo/5044102415/

2022.12.25
2022年を美味しいお酒で締めくくりませんか / 1月12日うさとら新年会x富田酒造場決定!

いよいよ2022年も残すところ1週間となりました。
兎と寅、年末は12月30日(金)、年始は1月6日(金)からとなります。
年末年始のお酒のご購入はまだ間に合いますのでぜひ急な来客やおもたせに特別なお酒でお祝いしてください。

そして、2023年1月より早速うさとら出張&イベントのお知らせです。

1/7(土)「満月Superマルシェ」出張
千葉県鴨川に新しく「新しい実験を出来る場」としてオープンした「鴨川 SupernaturalDeluxe」にて開催されるマルシェに出店いたします!
素敵なお店がたくさん参加されますので、お近くにお越しの方はぜひお立ち寄りください。
https://super-deluxe.com/events/20230107/


そして、1/12(木)うさとら新年会を兼ねたスペシャルイベントの開催です!
鹿児島奄美にて年400石ほどを生産する、最も小さな奄美黒糖焼酎の蔵「富田酒造場」より、杜氏の富田真行さんをお迎えして黒糖焼酎の魅力に触れる会を開きます。

奄美大島は希少な固有種「アマミノクロウサギ」が生息する神秘な島。卯年の幕開けを兎と寅で盛大にお祝いする、うさぎづくしで2023年を飛躍の年に!

「うさとら新年会・奄美・富田酒造場の黒糖焼酎を味わう」
日程:2023年1月12日(木)
@ 兎と寅(港区西麻布2-25-11 1F tel:03-6427-7725)
時間:18:30~20:30
会費:4900円(税込)*現金またはPAYPAYのみ
お申し込みはこちら


*本日販売終了
期間限定販売していました、「gram」のボトルバッグ。
お酒と一緒に贈り物にもぴったり。お呼ばれの時のお酒持参にもさりげなく使える、とても味わいのある帆布バッグです。
すべて手作りの少量生産となっていますので、長くお付き合いできるアイテムをこの機会にぜひ。

「gram」ボトルケース
https://usatora.tokyo/8204312372/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】うさとらといえば「ユアポテ」
甘くフルーティな香り、ほんのり琥珀色の芋焼酎。洋酒のような樽の香りが先に立ち、口に含むと軽快で甘くすっきり。
料理の味を邪魔することなく食中酒として十分楽しめる上、小気味良い苦みとコク、芳醇でスモーキーな余韻も味わえます。
キュートラベルも贈り物に大変人気です。

『ユアマイスイートポテト You're my Sweet Potato』
https://usatora.tokyo/1012901203/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】プロヴァンスの優しい家族が作るレーズンやカカオなどの豊かなアロマを感じる赤ワイン
リッチな口当たりで、シルキーなタンニンと共にほのかな果実の甘味が口中に滑らかに広がり、エキゾチックなニュアンスのフィニッシュに続きます。

『ドメーヌ・レ・バスティード コトー・ディクサン・プロヴァンス2017』
https://usatora.tokyo/5044102391/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】1/12うさとらイベントの予習に!
「龍宮」の無濾過原酒を二年貯蔵 年に1度だけのリリース
原酒らしい力強く豊かな風味と味わいで、黒糖菓子を口にしたような印象から余韻はオイリー且つスパイシー。
少し水を加えると香ばしく甕由来のミネラル、滋味深い味わい。 開栓後も時間の経過と共に深まる香味変化をお楽しみいただけます。
基本はストレートか常温ちょい水(トワイスアップ)を推奨。

富田酒造場『黒麹造り 龍宮 らんかん 44% 』
https://usatora.tokyo/1013005224-2/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】「日本でいちばん海に近い酒蔵」京都府伊根にある創業260年の造り酒屋、向井酒造代表銘柄。
ほのかな優しい香り立ちながらも、豊かなコクをお楽しみいただける、山廃仕込みならではの酸が心地よい特別純米酒。

向井酒造『純米山廃 京の春』
https://usatora.tokyo/2023901324/

2022.12.18
まだ間に合う!クリスマスに飲みたい&贈りたい お酒をセレクト

来週末にやってくるクリスマス。
お家族やご友人、大切な人と一緒に過ごされるでしょうか。
今回は美味しい食事を引き立てるお酒をご紹介です。

残り1本となってしまいましたが、スペイン セゴビア地方で今最も注目を集めている生産者『ミクロ・ビオ・ワインズ』徹底して自然と共生し、サスティナブルな農法を用いて驚くほど高樹齢のブドウを育て、SO2をほぼ使用しないナチュラルな造り手さんの、白を。

千葉香取の自然酒のパイオニア、寺田本家からは、千葉県東庄町の岡野さんが農薬・化学肥料を使わずに育てた“亀の尾”を主原料に、蔵に住む天然菌で醸した『しぼったまんま』

フランスロワール地方のローラン・ルブレは、27年間、木材の輸出・卸会社を経営していましたが、自然を感じながら物を作る仕事をしたくなり、ワイン造りに転向。働きづめの生活から、家族との時間や自分を大切にする生き方を求めた方が造るピノ・ノワール。

そして兎と寅がドイツモーゼルより直輸入したリースリングの中でも最も糖度の高いアウスレーゼをご紹介。ドイツワインは甘いだけというイメージを払拭する素晴らしいバランスと洗練された味わいのワインです。クリスマス気分を盛り上げる、上質ワインをお楽しみください。

さらにお酒と一緒に贈り物にもぴったりな「gram」の酒バッグを期間限定販売。お呼ばれの時のお酒持参にさりげなく使える、とても味わいのある帆布バッグです。

「gram」ボトルケース
https://usatora.tokyo/8204312372/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】残り1本となりました。
樹齢140年超え、SO2未使用で仕込まれるヴェルホ100%の白ワイン。すっきり辛口ではなく骨太。お肉が食べたくなるワインです。
スペインのセゴビア地方で今最も注目を集めている生産者で、徹底して自然と共生し、サスティナブルな農法を用いてブドウを育てるナチュラルな造り手。

『ミクロビオ・コレカミノス2020』
https://usatora.tokyo/5044102392/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】 千葉県東庄町の岡野さんが農薬・化学肥料を使わずに育てた “亀の尾”を主原料に、蔵に住む天然菌で醸しました。冬の酒 造期だけ蔵内で芳香を放つ醪(もろみ)の華やかな香りと甘みを届けたいという思いで、ほんの少しおりがらみに。

「百薬の長」のお酒を醸し、自然発酵の素晴らしさをお伝えしたい、という、寺田本家の願いがこもっています。

寺田本家『五人娘純米生原酒 しぼったまんま』
https://usatora.tokyo/2020101051-2/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】フランスロワール地方より、 野生の果実味、滋味、渋み エレガントでポテンシャル十分の赤

SO2を全く使わないワインを長年造っている友人達の強力なサポートのおかげでSO2無添加のワインを初ビンテージにして仕上げることができ、感謝の気持ちをこめて、ラベルには友人たちの名前が記載されています。人間味あふれるストーリーから作られたピノ・ノワール。

『ローラン・ルブレ ウララ 2021 』
https://usatora.tokyo/5041502400/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】 10月中旬から下旬の間にエスクレ度(ぶどうの糖度)97°-98°で収穫され、ステンレス樽で発酵。火打石のような独特の香ばしい香りを持ちながら非常にバランスのとれたストラクチャー。

野性味ある濃厚な味わいと甘味に辛口の余韻、ほどよい塩味とグリップが感じられる。冷やし過ぎず少し温度を上げて飲むのがおすすめ。寝かすことでより洗練された味わいへと進化する1本。

『A. J. アダム リースリング アウスレーゼ 2018』
https://usatora.tokyo/5042402150-3/

2022.12.11
寺田本家『しぼったまんま』富田酒造場『らんかん 2022』など、季節限定入荷です!

早くも12月前半が終わろうとしていますね。
1年があっという間に感じます。気づけばクリスマス・年末年始とイベントづくしに。自宅や友人宅などでお祝いすることもあるかと思います。

そんな時に、さっと気の利いたお酒を持って行ったりお出しできると良いですよね。

今回は、千葉香取の自然酒のパイオニア、寺田本家からは、千葉県東庄町の岡野さんが農薬・化学肥料を使わずに育てた “亀の尾”を主原料に、蔵に住む天然菌で醸した『しぼったまんま』を。

そして奄美で一番小さな酒蔵、富田酒造場より、年に一度だけ、それも極少量出荷される激レア黒糖焼酎『らんかん』を。

さらに、宮崎・落合酒造場さんの新銘柄、青猫、黒猫に続き、冬にぴったりな白猫が登場!
『円熟 竃猫(えんじゅく へっついねこ)』

そして12/11より期間限定にて「gram」の酒バッグを再販いたします。お酒と一緒にプレゼントしても、またはお呼ばれの時のお酒持参に、とても味わいのある帆布バッグです。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】今年も美味しくできあがりました。
冬季限定「五人娘純米酒」無ろ過しぼりたて生原酒

冬の酒造期だけ蔵内で芳香を放つ醪(もろみ)の華やかな香りと 甘みをお届けしたく、ほんの少しおりがらみになっています。

寺田本家『しぼったまんま』
https://usatora.tokyo/2020101051-2/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】 看板商品「龍宮」の無濾過原酒を二年貯蔵したもの。年に一度だけ、それも極少量出荷される激レア黒糖焼酎!

原酒らしい力強く豊かな風味と味わいで、黒糖菓子を口にしたような印象から余韻はオイリー且つスパイシー。
少し水を加えると香ばしく甕由来のミネラル、滋味深い味わい。 開栓後も時間の経過と共に深まる香味変化をお楽しみいただけます。

富田酒造場『黒麹造り 龍宮 らんかん 44% 2022』
https://usatora.tokyo/1013005224-2/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】 白芋とオレンジ芋をブレンドしたフルーティな本格芋焼酎
ほんのりプラムのような葡萄のような味わいで、余韻で黄金優の芋感が出てきます。

炭酸割り、お湯割りがお奨め。もちろんロック、お湯割り、水割りもお楽しみ頂けます。
割り方により香り味わいが変化します。(かわいい猫のように)

落合酒造場『円熟 竃猫(えんじゅく へっついねこ)』
https://usatora.tokyo/1013101405-2/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】 日常にそっと寄り添ってくれる飽きの来ないシンプルなデザイン
焼酎四合瓶、ワインボトル、一升瓶まですっぽり収まります。これからの時期、お酒と一緒にプレゼントしたり、お呼ばれの時のお酒の差し入れなどにさりげなくご利用いただけます。

「gram」ボトルケース
https://usatora.tokyo/8204312372/

2022.12.04
年に一度の限定焼酎、寺田本家冬の風物詩お取り置き開始しました!

先日行われましたすき酒造新酒の会、大変多くの方にお越しいただきましてありがとうございました!

うさとらでは、今後もイベントを開催していきます。蔵元さんとのコミュニケーションを楽しみながらお酒の魅力について語れる絶好のチャンスですのでぜひまたご参加いただければ幸いです。

今回はそのすき酒造さんより冬季限定の焼き芋焼酎、熊本豊永蔵よりパンクでマニアックな43度の麦焼酎、そして新登場、新潟より環境に配慮した製造をされているクラフトジンが入りました!

寺田本家より冬の風物詩『しぼったまんま』も近日入荷です。お取り置きの方はオンラインショップにてご購入くださいませ。12/7-8以降の発送予定となります。

年末に向け、クリスマスやお正月などお酒が活躍する場がふえますね。慌てて買いにいくことがないよう、美味しいお酒をご自宅備えておいてはいかがですか。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】森林資源や人の活躍をテーマにしたクラフトジン

香りを最大限に活かすため、クロモジという里山の天然の香り木を2年間じっくり、風遠しが良く日の当たらない場所でゆっくり熟成乾燥させて香りを濃縮したボタニカルを使用。

クロモジの採取は、里山の福祉施設で働く障碍者や高齢者の方にお願いをしているそうです。

『ROKUMOJI Craft GIN 2022 Special Edition 43% 700ml』
https://usatora.tokyo/3074415404/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】 冬季数量限定商品。
麹米には国産米、芋は蜜芋と呼ばれる「紅はるか」を丁寧に焼き上げた焼き芋で仕込みました。
この香ばしい焼き芋の香味と、ふっくらとした甘味のある味わいを是非、美味しく楽しくご賞味ください。本数限定で発売

すき酒造『甘えんぼう』
https://usatora.tokyo/1010801305-2/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】 今期一番に蒸留した麦焼酎を超濃厚な44度の原酒のまま瓶詰め。
無濾過のため白濁しています。

濃厚でビター、あえて残したガス香がマニアックでパンク!
とても個性的な麦焼酎。無調整、無濾過のため表面に油成分が浮いたり、おりが沈殿、浮遊したりすることがありますが、焼酎の旨み成分ですので問題ありません。

豊永酒造『超にごり麦汁 原酒 44度』
https://usatora.tokyo/1010301031/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】 今年も美味しくできあがりました。
千葉県東庄町の岡野さんが農薬・化学肥料を使わずに育てた “亀の尾”を主原料に、蔵に住む天然菌で醸しました。

冬の酒 造期だけ蔵内で芳香を放つ醪(もろみ)の華やかな香りと 甘みをお届けしたく、ほんの少しおりがらみになっています。

「百薬の長」のお酒を醸し、自然発酵の素晴らしさをお伝えしたい、それが寺田本家の願いです。

寺田本家『しぼったまんま』
https://usatora.tokyo/2020101051-2/

2022.11.06
“ユアポテ焼酎限定ボトル”ラベルデザイン決定!人気の「クラフトマン多田」入荷

「ユアポテ限定ラベルデザインコンペ」おかげさまで多数のご応募をいただきました。

ユアポテを、思わず手に取ってしまうような、飲む人をさらに楽しませてくれる、これまでの焼酎ラベルデザインの概念を超えた作品の数々は、どれもが素晴らしいものばかり。

その中から何度も何度も選定を重ねようやく「最優秀賞(1点)」「優秀賞(2点)」そして今回「特別賞(2点)」を選ばせていただきました。

受賞作品の限定ボトルは事前予約を受け付けていますので、ぜひお買い求めくださいませ!

そして、福岡・天盃酒造より、こちらも芸術の秋に相応しいアートなラベルの麦焼酎が2種、届きました。今回のテーマは「味わいx香」食欲の秋にもぴったりな、食との相性を追求した食中酒。限定となりますので、この機会にぜひ。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】“ユアポテ焼酎限定ボトル”ラベルデザイン決定!これまでの焼酎ラベルデザインの概念を超えた作品の数々をぜひご覧ください。商品化は11月!
事前予約購入受付中です。 *11/20順次発送

https://www.mysweetpotatoshochu.com
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】オリジナルユアポテもこの機会に。
紅はるか芋の甘くフルーティな香り、ほんのり琥珀色!
洋酒のような樽の香りが先に立ち、口に含むと軽快で甘くすっきりとした印象。料理の味を邪魔することなく食中酒として十分楽しめる上、小気味良い苦みとコク、芳醇でスモーキーな余韻も味わえます。

『ユアマイスイートポテト You’re my Sweet Potato』
https://usatora.tokyo/1012901203/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】 *瓶詰め本数1000本
21BY の1本目、五代目仕込みスパニッシュオレンジ。今回のテーマは「香り×味わい」

福岡県オリジナルの香りに特徴のある清酒用酵母を使用。 もちろん、焼酎での使用は初&唯一の試み
まさに「ネクター」と呼ぶに相応しい濃醇な味わいと香り。

天盃『Craftsman 多田 2101』
https://usatora.tokyo/1013301398/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】 スパニッシュオレンジの最高峰 *瓶詰め本数600本
カクテルでも楽しめる新感覚。
度数が高いため炭酸水を増やすことができ、25 度よりも味わいや香りを堪能いただけます。
五代目のおすすめ「ソルティードッグ」をぜひ試しください。

天盃『クラフトマン多田スパニッシュオレンジ Limited Edition 44度』
https://usatora.tokyo/1013315399/

2022.10.30
11月1日は「焼酎の日」うさとらセレクトのスペシャルな焼酎でお祝いしましょう【うさとら通信】

「ユアポテ限定ラベルデザインコンペ」おかげさまで多数のご応募をいただきました。
結果は11/3(木・文化の日)に公式HPにて発表いたしますので、お楽しみに。
「ユアポテ公式サイト」
https://www.mysweetpotatoshochu.com

そして、11/1は「焼酎の日」です。
焼酎は通常8〜9月から仕込みが始まり、新酒ができあがるのが11/1前後ということからそれを記念して「本格焼酎の日」となったそうです。

10月「神無月」は、全国各地の神様がその土地を離れて出雲大社に集まる月です。そして11/1には離れた神様たちが帰ってくる大変めでたい日なんですね。そんな神話も考えながら、ぜひうさとらの美味しいを味わってください。

11/22(火・祝日前)は宮崎県すき酒造の新酒を楽しむ会です。ご予約受け付けておりますので、ぜひご参加ください!

↓詳しくはこちら
http://kontacto.jp/post-5654/

「すき酒造新酒祭り」日程:2022年11月22日(火)
@ 兎と寅(港区西麻布2-25-11 1F tel:03-6427-7725)
時間:18:30~20:30
会費:4900円(税込)*現金またはPAYPAYのみ *お土産付き

*飲食店様は15:30-17:00で別途設けております (会費1600円 *税込・現金のみ)

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】 紅はるか芋の甘くフルーティな香り、ほんのり琥珀色! 兎と寅オリジナル薩摩焼酎
洋酒のような樽の香りが先に立ち、口に含むと軽快で甘くすっきりとした印象。料理の味を邪魔することなく食中酒として十分楽しめる上、小気味良い苦みとコク、芳醇でスモーキーな余韻も味わえます。

『ユアマイスイートポテト You’re my Sweet Potato』
https://usatora.tokyo/1012901203/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】富田酒造の看板商品「龍宮」の無濾過原酒を二年貯蔵
したもの。年に一度だけ、それも極少量出荷される、激レア
黒糖焼酎!43度という度数を感じさせないまろやかさと、
黒糖の旨味をぜひお試しください。
ロックで美味しく楽しめる味わいにしあがっています。

富田酒造場『黒麹造り 龍宮 らんかん 2018 44% 』
https://usatora.tokyo/1013005224-2/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】 *特約店限定商品
酵母になでしこの花から生まれたND-4(なでしこ酵母)を
使用した、ぶんご銘醸伝統の技法で造られた本格麦焼酎。

九州屈指の清流「番匠川」源流の伏流水を仕込み水に使用し、
50%まで精白した原料麦をゆっくりと時間をかけて低温で
醗酵させました。花の酵母が醸しだす特有の甘い香りと
余韻が特徴です。

ぶんご銘醸『杜谷 華むぎ』
https://usatora.tokyo/1011601383/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】 厳選した寿甘藷を黒麹で仕込むことにより素材が持つ本来の旨みを十二分に引き出した深いコクとまろやかさが特徴の、お湯割に最高な一品。
原酒のため、お湯割、ロック、ストレートとお好みでお召し上がり頂けます。農薬を使用せず、有機肥料を用いて栽培しました宮崎紅寿芋を一部、原料に使用。

京屋酒造『時代蔵かんろ原酒』
https://usatora.tokyo/1010401009-2/

2022.10.23
宮崎すき酒造 「新酒の会」開催 / 冬に飲みたいお酒入荷しました


昨年も開催して大好評でした、宮崎すき酒造さんのできたての新酒を味わう会を11/22(火)に開催!

うさとらでは『山猪』『赤山猪』『栗極』が大変人気の、1910(明治43)年創業のすき酒造さんは、伝統の焼酎職人集団「黒瀬杜氏」の技術を受け継ぐ内嶋杜氏の匠の技により作られた数々の素晴らしい銘酒を揃えています。

通常焼酎は蒸留し、余分な油を濾過して味をなじませ過年度に貯蔵していた原酒をブレンドして出荷します。
この時期は、その行程を省き、ストレートに本年度の蒸溜したての味を楽しむことができる新酒が出るのです。

すき酒造さんの新酒は『そげんわけもん』という銘柄。小林の方言で「そんなに若い」という意味。

当日は宮崎県小林市の食材を使ったお料理もご提供します。他にも蔵元さんより貴重な焼酎をご準備頂けるとのことですので、それは当日のお楽しみに。

地元の食材を堪能しながら、焼酎をこよなく愛する方々と蔵元様との焼酎談義を楽しんで頂きたい、という会。皆様のご参加をお待ちしております!

食材等の準備のため、ご参加可能の方は以下のリンクよりお申し込みいただけると大変助かります。

↓ご予約フォームはこちらから
https://onl.bz/TdjNBer

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【1】*冬季数量限定商品。
原料に南九州産のさつまいも(黄金千貫)を用い、黒麹仕込み、常圧蒸留仕立て、無濾過製法にて造られた冬の季節に降りつもる雪の様な白さ。
凛とした味わいが特徴。冬に飲みたい芋焼酎。

姫泉酒造『白く』
https://usatora.tokyo/1013701311-2/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【2】 創業1711年・300年の歴史を持つ仁井田本家が醸す、とろりとした甘みと、ふくよかな旨みをもつ、ジューシーな甘口の「しぜんしゅ」

「旨み」にこだわり続ける金寳が大人に贈る、とことんやわらかなお燗酒。

仁井田本家『にいだしぜんしゅ 燗誂』
https://usatora.tokyo/2021305074-2/

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【3】 芳醇なコクを生み出す昔ながらの蒸留方式の米焼酎 新ラベル
地元産米を使用し、蔵独自の手造り製法で仕上げたもろみを減圧蒸留(低温蒸留)して製造。

バナナの様なフルーティな香りが溢れ、軽快ながらも深い味わいと甘さのあるバランスの良い、飲みあきしない品質に仕上がっています。

那須酒造場『球磨の泉(減圧)』
https://usatora.tokyo/1010701021-2/
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

【4】どこか懐かしいけれどはじめて飲む麦焼酎
国産の「はだか麦」を原料に使用し、黒麹・常圧蒸留でむぎの香ばしさを十分に引き出しました。

しっかりとした味を。それでいてきれいなもろみを造る技術で すっきりとしたのどごしを。

ぶんご銘醸『杜谷 黒むぎ』
https://usatora.tokyo/1011601385/

Translate »